LED照明と蛍光灯それぞれがどのような照明なのか、各照明の利点や活用方法をご紹介いたします。

facebookページ
BNET

LED照明と蛍光灯の利点

LED照明と蛍光灯には、それぞれ利点があります<br>
Lighting&Water19は、用途に応じて最適な照明をご提案します。

LED照明とは

イメージ写真
LEDとはどのような照明なのか

LED(Light Emitting Diode)は『発光ダイオード』と呼ばれる半導体のことです。
従来の白熱灯や蛍光灯とは異なり、半導体結晶の中で電気エネルギーが直接光に変化する仕組みを利用した光源となっています。

1879年には白熱灯が、1938年には蛍光灯が、そして1993年には青色LEDが開発されました。
近年、改良が進み蛍光灯、水銀灯、ハロゲン灯を上回る発光効率を持つ白色LEDが登場照明用途の他にも車載、通信、植物育成、医療など様々な分野で使用されています。

LEDの特長と用途

LEDの最大の特長は省エネ・長寿命ですが、ほかにも熱線や紫外線が
少ないので衣服、食品、絵画展示物などへの変色やダメージを与えたくない
照明に用いられています。高輝度で調光が可能、光の表現性や機能性において、新しい光源として急速に普及しています。

LEDの特長

現在 白熱灯や蛍光灯などの光が主流ですが、LEDはまだ生まれたばかり
ですが、照明用途としては、数々の優れた特長を持っています。

  • 1.長寿命、また視認性がよく室内外を問わず使える。
  • 2.小電力で省エネや環境への配慮にも有効です
  • 3.熱線や紫外線をほとんど含まず、調光も可能です。
  • 4.器具の小型化が容易で照明器具として自由な設計が可能
LEDのメリット
LEDの一般用途

明かりの大きな役割である演色性にすぐれ、夜昼・室内外を問わず視認性がよく道路交通表示板、信号機灯などに使用されています。

LEDの寿命

LED照明は長寿命であるため、高所、狭所の電気を取り替えにくいところなどの設置にぴったりなのです。
寿命とはLEDモジュールの寿命のことです。

「JIL5006:白色LED照明器具性能要求事項」(社)日本照明器具工業会資料
一般照明用途に用いられる白色LEDモジュールの寿命の定義は“照明器具製造業者が 規定する条件で点灯したとき、LEDモジュールが点灯しなくなるまでの総点灯時間 または、全光束が点灯初期に計測した値の70%に下がるまでの総点灯時間のいずれか 短い時間を推定したもの”
当社では、上記に従い寿命を推定しています。
(あくまで設計寿命であり、この寿命を保証するものではありません。)

蛍光灯とは

イメージ写真
蛍光灯とはどのような照明なのか

蛍光灯は、ランプ内の放電によって発生する紫外線を、蛍光物質に当てることで可視光線を発生させる光源です。内部に塗布された蛍光物質の種類によって、電球色、温白色、昼白色、昼光色など、さまざまな色温度をつくることができます。

この使い勝手の良さが認められ、1954年頃に国内初のラピッドスタート蛍光灯が開発されて以来、ご家庭用、業務用と幅広く使われるようになりました。

蛍光灯の利点

蛍光灯の利点は、何と言っても購入価格がリーズナブルな点にあります。たとえば長期間にわたって使用することを想定しないケースでは、LEDよりも蛍光灯の方がコストを抑えられる場合もあるでしょう。

その他にも蛍光灯は、広い範囲を明るく照らすのに向いています。そのため、ペンダントライト、フロアライト、ディスプレイ空間のアクセント照明など、さまざまな用途で使うことができます。

また蛍光灯には、LEDに比べて軽いという特長があります。そのため、不安定な場所に照明を取り付ける際は、蛍光灯の方が比較的安全です。


当社ではLED照明と蛍光灯、それぞれの利点を踏まえ、お客様に最適な照明をご提案しております。どうぞお気軽にご相談ください。



▲ページのトップに戻る

TEL:06-6388-8818
〒565-0842 大阪府吹田市千里山東1丁目21-5